運用プロセス

システム導入フロー

【就業規則の追加と労使協定の締結】
※「給与前払サービス」を導入される場合には、導入企業様において適用のある法令等を遵守した形でご対応頂けますようお願いいたします。

①「給与前払サービス」の利用対価として、従業員の方から一定の費用を負担して頂く場合で、かつ、②当該負担を給与控除でご対応される場合には、導入企業様に労働法上の問題(労働基準法第24条等)が生じることがございます。
この場合、労働基準法第24条に規定する労使協定の締結及び「給与前払サービス」の導入に関する就業規則等の制定(当該費用負担及び給与控除による負担を明記する等)等の手当が考えられますが、別途専門家にご相談の上ご対応下さい。

システム導入後の運用プロセス

利用者は『レスQ料』システムを利用することで、自分の好きな時にいつでも仮払い申請を行うことができます。仮払金の支払は弊社が立て替え、手続きも登録されている会員(従業員)に限定されているので、事業者様のキャッシュフローへの影響や煩雑な事務処理の増加を避けることができます。

【事業者様の業務フロー】
従業員様の仮払申請内容の確認
仮払申請に対する承認(自動承認システム有)
給与締日翌日に仮払情報の確認(請求書印刷)
③にて確認した金額を差し引いた給与を従業員様へ振込
給与支給日に④にて差し引いた金額(③請求書金額)をレスQ料社に振込
【従業員様の給与受取フロー】
役務提供
「福利厚生仮払サービス」にログイン
仮払い申請(必要金額の申請)
事業者様の承認を受け、〇〇日に仮払金入金
仮払金およびシステム手数料・送金手数料が差し引きされた給与の受け取り

※システム手数料、送金手数料のお支払いは「振込控除」「給与天引」「事前支払」の3つの中から選択することができます。
 尚、お支払いにかかる振込手数料は利用者負担となります。

MENU